婚活で出会った男性たちPart2。
「二度目はない」タイプをご紹介。

Part1の「反面教師にしてほしい男性」が意外と反響があったため、

Part2として「こうはならないでね!」シリーズPart2をお届けします。

ご覧になってハッとしたあなたは、今日から気を付けるようにしてくださいね(*^^*)

タイプ1:猫背で愛想笑いが顔に張り付く卑屈タイプ

基本情報

Tさん(仮称)
年齢:46歳
職業:IT企業のエンジニア
身長:172cm
年収:600~800万円
結婚歴:未婚
いいね数:11
お腹いっぱいの背景:

ランチの約束をして駅で待ち合わせしました。

最初は待ち合わせ場所が駅改札だったのに、15分前に到着して駅周辺をブラブラした挙句、待ち合わせ場所を駅から出たお外に変更されました。

季節は真冬。お外は今にも雪が降りそうなどんより曇り空。。。

そして、待ち合わせ場所に到着。

お会いした瞬間に首だけで会釈され、背中を丸めて歩き出す。

「か、帰りたい(泣)」

お会いした瞬間に帰りたいと思ったのはその方が初めてでした。

お食事の間も背中を丸めボソボソと目を合わさないでお話しされていました。

「万莉さん、よく私なんかと会ってくれましたね」を3回言われてうんざり。

外見はそこそこイケてるのに、つくづく残念な方でした。

ランチ終了後は、「私、お買い物して帰るので。じゃ!」と言ってサッサとお別れしました。

反面教師ポイント!

1)待ち合わせは屋内にした方が良いです。

お天気に左右されませんし、暑さ、寒さも防ぐことができます。

2)第一印象はその後のその人の評価を90%決めてしまうと言っても過言ではありません。

初対面は笑顔で、きびきびとした挨拶を心がけましょう。

女性は男性の歩くスピード、姿勢をしっかりチェックしています。

猫背、内また、がに股…など、歩く姿にマイナスの特徴がある場合は、矯正するようにしてくださいね。

3)謙遜することは悪いことではありませんが、「俺なんて」「私なんて」というセリフは絶対にお相手に伝えないでください。

婚活は「人生を賭けたあなたを売り込むステージ」です。

自ら「あなた」という商品価値を下げないでください。

「俺なんて」と言った瞬間に、もしもお相手の方があなたのことを良いと思っていたとしても、一気にあなたへの興味がなくなることだってあり得ます。

タイプ2:興味の幅が広く浅い、うわべだけタイプ

基本情報

Sさん(仮称)
年齢:39歳
職業:出版社勤務
身長:170cm
年収:400~600万円
結婚歴:離婚(こどもなし)
いいね数:57
お腹いっぱいの背景:

お会いした際の第一印象も良いし、お食事中の話題もどんなジャンルでもそつなく網羅されている感じでした。

しかし、なぜか違和感がありました。

話しながら分析をしてみたのですが、話しを振るのはとても上手ですが、知識に深みがない感じでした。

出版社にお勤めだったので本の話しをしてみたところ、本の題名はよくご存知でしたが、実際には読んだことがないようでした。

グルメ通とのことでしたので、おススメのお店を伺ったらチェーン店だったり、、、

同じ美術展に行ったようでしたので、感想を聞くとざっとみただけだから覚えていないと言われたり、、、

途中まではいかにも知っている風に相槌を打たれるので、最後に肩透かしを食っている感じが否めませんでした。

反面教師ポイント!

話しの引き出しが多いのは悪いことではありません。

しかし、表面的なことしか知らないと深い話をして盛り上がることができず、すぐに会話が途切れてしまいます。

デートの前に女性の好みを分析して話しを振るのは良いのですが、知ったかぶりをするのは絶対にNGです。

詳しくない分野であれば、「自分は詳しくないけど知りたいから教えて」というスタンスで女性に話しをしてもらいましょう。

いかがでしたか?

女性は「自分より格上の男性」を求めています。

最初のデートで女性に「この人は私よりも下!」と思われた瞬間に、あなたに二度目のデートはありません。

可能な限り女性に良い印象を与えて二度目のデートにつなげてくださいね!

今、一番私がおススメしているのがネット婚活です。

日々忙しいあなたも隙間時間に効率的に婚活ができます。

私が使ってみた経験と読者さんの口コミからおススメするのはこの2つのマッチングサイトです。
もしもあなたがネット婚活初心者さんでれば、まずはここから始めてみるのが良いと思います(*^^*)

【Pairs(ペアーズ】

【with(ウィズ)】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする